一般社団法人 ディレクトフォース
サイト内検索 powered by Google
王将

師出会

囲碁同好会(2016年版)

世話役 宮越 正夫

info_師出会
矢印

2016年4月28日 更新

目 次

掲載日 タイタイトルトル 実施日
4月27日 合宿「箱根花月園ホテル」 2016.4.17 - 18

2016年4月27日 掲載

囲碁 合宿「箱根花月園ホテル」

師出会としては2回目となる合宿が4月17〜18日に箱根花月園ホテルで行われました。

箱根花月園ホテルのサイトより

泊りがけの行事は平成19年(2007)2月16〜17日に開催されて以来のことで、石原・伊藤・川添、河村・蒲生・白井・高山・徳田・中山・林・本田・牧野の12名が参加。

ほとんどの人が始めての合宿でしたが、今回の申し分のないセットアップに全員が大感激・大満足(囲碁の成績に関係なく !! )で、今後定期的にこのような合宿を行う事で意見が一致しました。

以下、楽しく充実した2日間の様子です。

【第1日目】

初日は小田原駅12時に集合の予定なるも、強い風雨の影響で小田急線の一部が動かず、迎えのバスの到着も遅れ波乱の幕開け。

(クリック⇒拡大)
師出会専用の素晴らしい対局室で対戦開始

正月の箱根駅伝に思いを馳せながら約50分の“山登り”でホテルへ。待ち受けていたのは師出会専用の素晴らしい対局室。早速、時間の遅れを取り戻すための最も効率的な対局方式を協議し、先ずは何時もの例会とは異なる趣向のチーム対抗戦(12名を4チームに編成、トーナメント方式で順位を争う)を行う。大熱戦の結果、優勝は蒲生・徳田・石原チーム、準優勝は林・白井・本田チーム。それぞれ優勝賞金、準優勝賞金を獲得したが、賞金よりも名誉、両チームは鼻たかだか。

続いて各自2局打ち、温泉に浸かったあとこれまた楽しみの宴会。宴会では囲碁ファンならずとも世界中が驚かされた人工知能のアルファ碁の飛躍、七冠目前の井山棋士の強さ、など当然ながら囲碁に関する話題が多い。この年代の集まりにありがちな病気の話題はほとんどなし。

大いに盛り上がった宴会のあとの後半戦は、お酒も入ったことから記録を残す対局とするか、楽盤にするかは対局者が話し合いの上で選択。ほろ酔い気分も吹っ飛ぶ熱戦が繰り広げられ、最後の対局が終わったのは12時過ぎ。驚くばかりの師出会パワー !!

【第2日目】

翌朝は前日と打って変わって綺麗に晴れ上がり、富士山もくっきり。気温も程よく、何人かは芦ノ湖まで残りの山桜と新緑、咲き始めたつつじを観賞しながら散策。残りは広々とした天望風呂で温泉に浸かりこれからの闘いに備える。

(クリック⇒拡大)
快晴の空の下富士山もくっきり 芦ノ湖の海賊船を背に 春めく芦ノ湖界隈を散策

朝食後、11時半の帰りのバスの時間まで自由対局。2日間を通じ、記録(成績)に残る対局を一番多く指したのは石原さんの10局。他のみんなも楽盤を入れるとそれに近い対局数。1局の持ち時間は1人当たり40分、計算してみると、なんとなんと……。

バスの中でも盛り上がり、小田原の碁会所で延長戦との希望もあったが昼食会で次回を楽しみに打ち上げ。

以上
(河村 記)