幅広い経験力、深い知見、多角的なネットワークにより企業の実践的な成長を支援します

DF企業支援本部

見出し_1 企業支援本部

企業支援本部のミッション

一般社団法人ディレクトフォース(DF)は、社会貢献活動を第一の目的として2002年に設立されました。令和元年には、その目的を「社会貢献と研鑽」「企業の育成・成長支援」「交流・交友」の3つの活動に明確化、「新生ディレクトフォース」として新たな一歩を踏み出しました。

(クリック拡大)

現在の会員数は約640名(2019.12現在)。ビジネス業界の幅広い分野から豊富な経験と実績、高度な知識と技能を兼ね備え、専門分野に精通した高いレベルの人材を多数擁する、他に類を見ない組織・団体としての地位を確立しています。

DF会員には社会貢献を目的として、自己研鑽や対外的な研鑽活動に参加し、それらの活動を通じて交友・交流の場が更に広がることにより、さらなる人生を楽しんでいただいています。

企業支援本部は、そのようなディレクトフォースの活動を展開するために設けられ、企業育成支援活動を行っています。支援の対象は主としてベンチャー企業で、経験豊かなDF会員が中心となって支援活動を行っています。ここから得られた収益がDFの活動原資に当てられ、活動に参加した会員にも還元されています。

活動の概要

企業支援本部はディレクトフォースの活動の3本柱である「社会貢献活動」と「企業支援活動」「交友・交流活動」の内、企業支援活動を推進する部門です。

ディレクトフォースの会員の出身企業は1200社に上り、企業支援本部がこの多彩な経験を有する会員の「知識・経験・人脈」を活かして、ベンチャー・中小企業の営業支援・事業支援・後方支援に当たっています。

企業支援本部の支援企業数は約50社を超え、IT・WEB関連、サービス業、人事関連、製造業等多岐にわたる業種をカバーしています。

企業支援活動は一定の業務委託契約を結んでいただいた上で、定例会議を毎月開催し、支援の進捗状況の確認と次の対策をたてます。業務委託契約の詳細につきましてはお問い合わせください。

企業支援本部は以下のグループで支援活動を行っています

  1. 企業支援グループ
  2. スタートアップ・グループ
  3. コンサルティング・グループ
  4. HR支援グループ