一般社団法人 ディレクトフォース
サイト内検索 powered by Google
Sing Joyロゴ

Sing Joy

コーラス同好会(2019年版)

世話役 稲垣 吉雄 

info_Sing Joy
矢印

2019年10月6日 更新

目 次

テーマ / イベント 実施日
オーシャンプロムナード湘南で
「秋のアフタヌーン・まったりコンサート」開催
2019.9.16
Sing Joy 創部11周年記念パーティ開催 2019.5.26
「♫ 女声合唱団「コール・レーネ」主催
 <SPRING CONCERT>に友情出演
2019.4.14
メンバー募集 「男声合唱団 Sing Joy」で一緒に歌いませんか !!

2019年10月6日 掲載

♫ オーシャンプロムナード湘南で
  「秋のアフタヌーン・まったりコンサート」開催

敬老の日の9月16日、鵠沼海岸の有料老人ホーム「オーシャンプロムナード湘南」で、入居者、家族及び施設役職員、DFからは真瀬代表も出席され聴衆約50名を前に、昨年に引続き “Sing Joy” の「秋のアフタヌーン・コンサート」を行いました。

DF会員故高山重憲氏(本年7月ご逝去)のご紹介で2014年から始まった秋のコンサートも今回で4回目となりました。当日は出演者21名、指揮:堀江磨、ピアノ伴奏:堀江和泉・新井知子、司会:松崎浩の体制で臨み、開演にあたり館長の鴨下和美さんからのご挨拶のあと、下記の合唱曲11曲とピアノ演奏2曲を披露しました。

ーー 当日のプログラム ーー

第一部

  1. 愛する歌」(やなせたかし作詞・木下牧子作曲)より
    ①海と涙と私と  ②誰かが小さなベルを押す
  2. 男声合唱組曲「心の四季」(吉野弘作詞・高田三郎作曲・須賀敬一編曲)より
    ①風が  ②山が
  3. ピアノ演奏 新井知子
    ①ベートーベン作曲 エリーゼのために ②バタジェフスカ作曲 乙女の祈り

第二部

  1. Sing Along
  2. 男性合唱のためのヒットパレードYUME」(編曲 三沢治美)より
    ①故郷  ②夢で逢えたら  ③虹と雪のバラード  ④三百六十五歩のマーチ
  3. 海外の曲
    ①アメイジンググレイス  ②フニクリフニクラ
  4. 見上げてごらん夜の星を」(アンコールに代えて皆さんとご一緒に)

(プログラム↑拡大可)

◇ ◇ ◇

DFコーラス同好会として発足した “Sing Joy” は今年で11年目を迎え、団員は現在24名で、月3回の練習と月1~2回のボイストレーニングに励んでいます。今年の4月からは、発足以来ご指導をいただいているピアニスト堀江和泉先生の同門で、同じ国立音楽大学ご出身のピアニスト新井知子先生も新たに伴奏者としてお迎えしての演奏会です。

コンサートは、松崎浩さんの軽妙でユーモアに富んだ司会で始まり、“Sing Joy” の紹介、合唱曲集「愛する歌」誕生のエピソードへと進み、その中から「海と涙と私と」「誰かが小さなベルをおす」の2曲を披露しました。

Sing Joy” は来年5月23日(土)の第2回定期演奏会を目指して、男声合唱組曲としては難度の高い高田三郎作曲の「心の四季」にチャレンジしており、今回はその中から「風が」と「山が」の2曲を初披露させて頂きました。

また、小休憩時間には新井知子先生が皆さんにお馴染みの「エリーゼのために」と「乙女の祈り」を軽やかなタッチで演奏され盛大な拍手を受けて第1部が終了しました。

 


 

第二部は “Sing Joy” のテーマソングである「Sing Along」を全員が明るく手拍子で歌いながら入場。

次に組曲「男声合唱のためのヒットメドレーYUME」の中から「故郷」「夢で逢えたら」「虹と雪のバラード」に加えて今回は「三百六十五歩のマーチ」を披露しました。特に来年の東京オリンピックに合わせて歌った「虹と雪のバラード」は懐かしさと期待で皆さんの心を打つ1曲でした。

ステージ最後の曲として「アメイジンググレイス」「フニクリフニクラ」を歌い終えると、会場の皆さんからブラボーの掛け声と共に盛大な拍手を頂戴しました。
最後にアンコールに代えて「見上げてごらん夜の星を」を皆さんと合唱して、コンサートを無事終了いたしました。

以下は当日のコンサートの録音版です。お楽しみください。

海と涙と私と海
  誰かが小さなベルを押す
風が
  山が
ピアノ演奏 新井知子
(エリーゼのために/ 乙女の祈り)
  Sing Along
男性合唱のためのヒットパレードYUME
(故郷/夢で逢えたら/虹と雪のバラード/三百六十五歩のマーチ)

  アメイジンググレイス
フニクリフニクラ
  見上げてごらん夜の星を

 

鴨下館長やご担当の職員から「昨年よりパワーアップして心のこもった演奏に感動しました」「昨年より声の響きが良くなりました」等の身に余るコメントを頂戴し、団員全員にとり来年5月の第2回定期演奏会に向けた大きな弾みになりました。


コンサート終了後、昨年と同様、ホーム側から施設のキッチンで焼き上げた旬のサンマとビールが提供され、サンマを頂きながら入居者の皆さんと和やかに交流をしました。

皆様から「去年より格段に進歩されています」「来年も是非きてください」「来年5月の定期演奏会には是非行きます」等の有難いお言葉を頂戴して、オーシャンプロムナード湘南を後にしました。

 

◇ ◇ ◇

“Sing Joy” では団員を募集しています。前述の通り団員は現在24名ですが、メンバーの半数以上はコーラスの未経験者で、 “Sing Joy” に参加して初めて合唱に触れた人が殆どです。“言葉の持つ意味とその響きの美しさに重きを置く”をモットーとして、来年5月の「第2回定期演奏会」に向けて月3回の練習に加え、ボイストレーニングに励んでいます。これまでの活動としては、東京都合唱祭参加、病院・高齢者センターなどでのミニコンサート、他の合唱団の発表会でのゲスト出演などで、昨年5月には第1回の定期演奏会を日本橋公会堂で開催しました。ご関心のある方は稲垣代表幹事・DF同好会世話役または “Sing Joy” のメンバーにお気軽に声をお掛けください。

連絡先:世話役 稲垣吉雄
yoshiconsl@nifty.com 090-8843-1358

(文責/習田和彦)

 

ページトップ

2019年6月12日 掲載

♫ Sing Joy 創部11周年記念パーティ開催

2008年5月に創部した男声合唱団「Sing Joy」は、今年の5月で11年目を迎えたことを記念し、5月26日、メンバーの神山さんのお世話により、アサヒビール本社ビル(墨田区吾妻橋)22階ゲストルームにて祝賀パーティを開催いたしました。

当日は、国賓として来日中の米国のトランプ大統領が、安倍首相とゴルフをプレーし、その後吾妻橋のすぐ近くの国技館で大相撲を観戦した何かと注目を集めた1日でした。またこの日は5月としては記録的な暑さで、北海道では観測史上初めて35度以上の真夏日となり、また都心も32.6度に達したほどでした。勿論ゲストルーム内は快適で、暑さを忘れて心行くまで歌と食事とアサヒビールとワインを楽しむことが出来ました。

出席者は、団員20名(4名が所要のため欠席)と専任指揮者の堀江磨先生宮本久美子先生、ピアノ伴奏の堀江和泉先生を加え総勢23名でした。


2019年5月26日 アサヒビール本社ビル22階ゲストルームにて

パーティは15時にスタートし、初めの約1時間弱は創部以来歌ってきた馴染みのある曲「高原列車は行く」「ミカンの花咲くころ」など10曲近くを合唱。
雰囲気が高まり喉が渇き、食欲が出始めた頃、稲垣代表幹事の挨拶・乾杯により会食が始まりました。会場からの眺望は素晴らしく、天井も高くグランドピアノが設置されているなど、我々にとって最高の環境でした。

 
熱唱する 磨先生と久美子先生

食事が進む中、お祝いに駆けつけていただいた和泉先生の伴奏で磨先生(バリトン)、久美子先生(ソプラノ)の素晴らしいアリアの披露があり、会場は大いに盛り上がりました。
その後、会員の有志が次々と自慢の歌声を披露し始め、ほとんど全員が日頃のVT(ボイストレーニング)の成果を遺憾なく発揮していました。


リラックスした雰囲気の中でパーティを楽しみました

また、3人の先生からご祝辞を頂いた後、和泉先生からは会員全員に長野県八ヶ岳産蜂蜜の小瓶のプレゼントが渡され皆さん大喜び。

宴もたけなわ、西の空に夕日が沈みかける頃、創部メンバーの脇田さんから当時のエピソードの紹介と閉会の辞、そして恒例の眼下に流れる隅田川を眺めながら全員で「花~滝廉太郎作曲」を斉唱しお開きになりました。
初参加の私にとって忘れられない1日でした。

来年の5月には12周年記念イベント「第2回定期演奏会」を計画しております。
これからの1年間、十分に練習を重ね更に上達し充実した Sing Joy を聴いていただける様、練習を重ねていきたいと思います。

◇ ◇ ◇

最後に、歌を楽しんでいらっしゃる皆様へ、私たちと一緒にコーラスしませんか。

ご希望者は、ぜひ気軽にお声掛けください。 お待ちしています。

連絡先:世話役 稲垣吉雄
yoshiconsl@nifty.com 090-8843-1358

以上(矢澤英人記) 

ページトップ

2019年5月19日 掲載

♫ 女声合唱団「コール・レーネ」主催
 〈SPRING CONCERT〉に SING JOYが友情出演

2019年4月14日(日)、小田急線狛江駅に隣接するエコルマホーで女声合唱団「コール・レーネSPRING CONCERTが行われ、われわれ Sing Joy も友情出演しました。

コール・レーネは指揮者谷宣子氏が1977年に結成し育ててきた狛江市を中心に活動する団員24名の女声合唱団で、常任ピアノ伴奏者には2004年より小田裕之氏が務めています。

同合唱団との関係は Sing Joy のメンバー小沢規夫さん谷宣子さんが、四国高松の中学で同窓生であった縁で2014年から数回共演を行っています。

今回のプログラム

(クリック⇒PDF)

第一部

女声コーラス「コール・レーネ」

中田喜直作品集から

  • 「星とたんぽぽ」金子みすず作詩
  • [六つのこどものうた]より3曲

男声コーラス「Sing Joy」(友情出演)

指揮者:堀江磨、ピアノ伴奏:矢島吹渉樹)

  • 広い河の岸辺
  • エーデルワイスの2曲

合同演奏混声合唱

  • 時代を越えて(枝璃貴子 作詩作曲)
  • 見上げてごらん夜の星を(永六輔作詩、いずみたく作曲)

第二部

NHK交響楽団のメンバー田中晶子さんのヴァイオリン独奏

小林秀雄作品「落葉松」から4曲、最後に朝岡真木子作品より2曲を作曲者自らのピアノ伴奏で演奏されました。

◇ ◇ ◇


2019年4月14日 エコルマホールにて

我々の演奏についてはメンバーも増え、手前味噌ではありますが、かなりの質の高い演奏ができたと自負しております。またお客様からも良かったとのお褒めの言葉もあり長い練習が報われる気がしました。

なお Sing Joy は来年5月23日に単独で演奏会「第2回定期演奏会」を日本橋公会堂で開催することが予定されており、現在高田三郎作曲の「心の四季」等 意欲的な作品を取り上げ中身の濃い練習を続けております。この機会に一緒に歌う仲間を募集しておりますので是非とも参加を検討ください。

なお演奏会詳細が決まり次第皆様のご来場をお願いするつもりですのでよろしくご支援下さいますようお願いいたします。

以上 
(文責)三枝格一 

ページトップ