人生100年時代という、多くの人が想定もしていなかった新しい時代が、日本のみならずグローバル社会にやってきました。中でも少子高齢化のテンポが早い日本は、650万人と推定される団塊シニアの高齢者層を中核に、世界でも突出した超高齢社会となりつつあります。日本はまさにこの分野でフロントランナーと言えます。
その日本社会は今後、極めて成熟度の高い、これまでにない新社会を迎えることになります。高齢者のみならず若い世代にとって、新ライフスタイルにチャレンジしてみたくなるようなWell-Beingをめざすことが大きなテーマになって来ます。
DFが、人生100年時代という、新たな時代に積極対応するため、100歳社会総合研究所(DFRI)を立ち上げました。


◇ ◇ ◇


詳しくは【概要】ページからご覧ください