サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム
タイトルイメージ

 2019/03/01(No288)

田舎暮らしと趣味三昧と健康と (前編)

ーー 銘水・フィットネス・ヨガ ーー

石井 勝巳

1989年に、家族4人と犬一匹を連れ立ってベルギーに赴任、7年を彼の地で暮らした。日本とは全く異なる外地での暮らしは、実に貴重な人生体験であった。帰国してから間もない今から20年前に、東京湾に面した木更津から房総丘陵の尾根に向かう途中の内陸に位置して、畑や田圃に囲まれた閑静な田舎に終の住処を定めた。

千葉県の気候は総じて温暖であるが、その中でもこの地は内陸性の気候風土が特徴だ。近くには真夏の猛暑の名所として天気予報にしばしば取り上げられる土地もあれば、一方で真冬には外気温が氷点下5度近くに低下するところもある。

元々田圃の軟弱な地盤を土盛りして130本余りのパイルを打ち込み、150坪ほどの堅固な宅地を造成した。東日本大震災級にも十二分の耐震性を有する。

(クリック→拡大)

これに、我が家ご自慢の田舎には珍しい「付加価値住宅」を建てた。高気密構造にして24時間換気・集中冷暖房装置、太陽光発電装置、更にセントラルクリーナー(集中掃除システム)までも具備した。エコキュート温水器やIHクッキングヒーターも備えたいわゆるオール電化住宅だが、停電になれば全館ブラックアウト状態に陥るのは避けられない。オール電化だから当然電気使用量は多くなるが、太陽光発電とオフセットされるので電気料金は節約される。春・秋の電気使用量の少ない端境期では、売電が買電を上回り儲かるので嬉しい。

宅地から100mほどの空地を無償で借地して、これに土壌を盛り40坪ほどの畑を造成した。

これを舞台に我が「田舎暮らし」が始まる。

以下に綴る表題のパターンを貫く私の性格を自己分析すると、①潔癖症 ②完全主義症 ③神経質症 ④健康オタクーーーなど半ば病状的な表現がキーワードとして挙げられる。勿論、性格には善悪が存在するわけだから、ここに挙げたキーワードは反証的なものであることは言を俟たない。また、ベルギー駐在時代に学んだヨガが多分に原点かもしれない。

田舎暮らし諸々の話題を綴るホームページを開設してから8年ほどが経過した。

何気ない日常、畑作奮闘記、バラ栽培奮闘記、庭いじり、テニス、旅行、ワイン等々画像を交えて綴るのが、編集には手間がかかり負担になるもののこの上なく楽しい。ペンネームは Stonewell(石井の意味)としている。最近は更新が滞る傾向にあるが次のURLをご参照願いたい。

http://bobby.travel.coocan.jp/

水の恵み

ここ房総丘陵の縁の地は銘水が点在することで知られる。東京湾沿いの姉ケ崎と太平洋に面した鴨川を結ぶ久留里街道沿いには「水汲み場」が点在する。銘水を利用する造り酒屋も多い。また、近くの「道の駅」にも水汲み場が併設され、買い物がてら取水する付近の住民や房総を旅する観光客で賑わう。水汲み場の水質は、管理組合が定期的に検査してお墨付きを与えているので安心できる。

(クリック→拡大)
画像
水に恵まれている房総丘陵

水に恵まれている房総丘陵
画像
房総の山間に点在する水汲み場

房総の山間に点在する水汲み場

我が家の飲料や調理用は汲み上げ水で賄う。ウイスキーや焼酎の水割りは、汲み上げ水で味わいが増す。月に1度、早朝に夫婦二人、車で5分足らずの水汲み場に出かける。ウイスキーや焼酎の4リットルペットボトルを大量に車載して取水し、満タンにして自宅に戻る。車から屋内の収納場所までボトルを運ぶ作業は骨の折れる労働だ。加齢とともに先行きいつまでこの労働を継続できるか思い遣られるが、健康を維持できる限り老体に鞭打って続ける覚悟だ。

フィットネス考

我が家から車で20分程度の距離にホテルオークラがあり、それに併設されたスポーツクラブに入会してから10年が経過した。ジム、プール、ジャグジー、サウナ、テニスコートなどの施設があり、田舎のスポーツクラブとしてはほぼ満足できるレベルにある。日曜日、祝日及び休館日を除いてほぼ毎日のように夕刻時に通う。ジムでは、様々な器具を用いて軽い筋力トレーニング、歩行、バイク乗りを行い、マットでストレッチ・ヨガを行って仕上げる。ストレッチとヨガの相違は何であろうか?専門家に見解を求めたわけではないが、前者は動的運動なのに対して、後者は静止する長いポーズが特徴であろう。スポーツクラブはテニスコートを除き全天候型の屋内施設だから、総合的な体力作りには格好の場を提供してくれる。悪天候で屋外の活動が制約され、自宅では暑い、寒いなど過ごしにくい時にはスポーツクラブに飛び込み、長い時間をすごすことができるのは実に便利だ。

(クリック→拡大)
画像
週2〜3回はテニスを楽しむ
週2〜3回はテニスを楽しむ

また、様々なプログラムが用意されて任意に参加が可能である。私は殆ど利用しないが、うちのマダム(家内)はフラダンスはじめ各種プログラムに積極的に参加する。

入会当初から、テニススクールに参加して腕を磨き、また同好の志を集めて週2~3回のテニスを楽しんでいる。テニス歴は40年を超えるが、体力が成長する肝心の学生時代から大きく遅れて社会人になってから始めた。その後も本格的な訓練を怠り、加齢とともに技術はさっぱりと向上しない。それでも多くのテニス仲間と遊び、時には一回りも年齢差のある強者を相手に老体に鞭打って戦うのは、体力作りに格好なスポーツだ。

スポーツクラブの有用性は、様々な人々との交流の輪が拡がることにある。そこではいろいろな情報が飛び交い、趣味を同じくする仲間や各種プログラムで知り合った仲間などとの触れ合いがある。とりわけ、そこでは女性同士の間で物々交換の格好の場となる。畑や庭の収穫物、調理した食べ物、土産物など多彩なものを交換する。うちのマダムは、畑の野菜、庭や畑の果樹類やベリー類のジャムなど雑多なものを提供してはお返しの獲物を手に入れる。

ヨガ考

ベルギー駐在時代の後半3年間に、夫婦一緒に大阪出身の女性インストラクターからヨガを習った。本格的なヨガではなく初心者向けの入門的なヨガであり、医学に依拠する健康法にも通じる様々な手法も学びつつ大いに楽しんだ3年間であった。爾来、ヨガは生活習慣にすっかり定着した。その際習得した下の画像に示す三点倒立は私の得意とする技である。スポーツクラブで行うストレッチ・ヨガの仕上げとしてほぼ毎日行う。このポーズは、ヨガの鍛錬を積んでからでないと容易には出来ないかなり高度なものである。また、ヨガを一通り行った仕上げとして行うもので、いきなり行うと身体に大きな負担がかかるので注意しなければならない。私は、スポーツクラブで「逆立ちの名人」として有名である。

そもそものヨガは古代インド発祥の伝統的な宗教行法だが、‘90年代後半から世界的に浸透している、身体的なポーズを中心とするフィットネス的な「現代ヨガ」は、宗教色を排したエクササイズとして行われている。

ヨガの八支則の主なものに、①ダラーナ~集中の努力 ②プラティヤハーラ~感覚を制御 ③プラナヤーマ~呼吸法 ④アーサナ~安定した姿勢を作る座法 ⑤ニヤマ~日常的な行いを勧める勧戒 ⑥ヤマ~日常的な行いを禁じる禁戒ーーー などがある。更に、<ニヤマ>には、①シャウチャ~断食や鼻洗浄などの清浄 ②サントーシャ~贅沢をしない知足 ③タパス~肉体を鍛錬する苦行ーーー などが挙げられる。また、<ヤマ>には、サティヤ(誠実・正直)やプラフマチャリア(禁欲)ーーー などが定められる。

(クリック→拡大)
画像
「逆立ちの名人」の三点倒立

「逆立ちの名人」の三点倒立
水の恵み
画像
鼻洗浄

画像
「シャウチャ」は鼻洗浄から実践

「シャウチャ」は鼻洗浄から実践

このような支則に基づいて、日常生活や行動を律すること、またアーサナ(座法)に重点を置いたストレッチ的な「ハタ・ヨガ」を行っている。私の朝の日課は規律的かつ多忙である。目覚めると直ちにベッドに寝転んだまま、眼、足、手、腕のストレッチを開始、ひいては背骨を動かす仕草を行う。次に、起き上がって足を組み呼吸法を10分間と、それに次いで正座して足の膝と筋肉を鍛錬する。洗面の合間には、上述「シャウチャ(清浄)」の実践として画像に示す容器を用いた鼻洗浄を行う。これは少量の天然塩を溶かした温水を使うもので、風邪予防として、また風邪に罹患した時の鼻と喉の洗浄に非常に効果的である。上の画像に示す容器は授乳用を流用したものだが、これ以外に、いろいろな市販品がある。

(クリック→拡大)
画像
毎朝愛飲している三年番茶
毎朝愛飲している三年番茶
水の恵み

「シャウチャ」の定めは、家など生活する環境の清掃や身体を清潔に保つことも心掛けとして大切なことだと説く。それには、二つのパターンが朝の日課として毎日行われる。一つは、家中のハタキかけとコードレスクリーナーでの清掃だ。これにはおよそ50分間かかるのが通常だ。もう一つは、家中の清掃の後に、風呂場を舞台に真っ裸の格好で立ちながらのヨガ・ストレッチを30分間、その後、シャワーを浴びてから排水溝や水栓を含めて水一滴も残さないように丁寧に清掃する。これも判で押したように50分間かかる。斯くて目覚めてから食事を始めるまでの朝の日課にかける時間は、異常にもおよそ3時間と決まっている。かくして、人は私を指して「掃除魔」「変人」と呼ぶ。

私が毎朝飲む「梅醤番茶」には大きな効用がある。ベルギー在住のヨガインストラクターから勧められて以来、4年間欠かさず飲み続けている。「梅醤番茶」は三年番茶を煮出して、梅干しと醤油、またはショウガ汁と共に飲むもの。発酵食品の一種であるため身体を温める効果、抗酸化効果、消化・吸収効果などがある。エンドマーク

◇ ◇ ◇

(引き続き次号の後編では、ワインの楽しみ方やバラの栽培、畑作の苦労話などをご紹介いたします)

いしいかつみ ディレクトフォース会員(264)
 元三菱電機

一般社団法人 ディレクトフォース 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 7F

e-mail : info@directforce.org | Phone : 03-6865-7860 | (C) 2011 DIRECTFORCE

アクセスマップ