サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム
タイトルイメージ

 2017/5/16(No245)

さくらを愛してボランティアに
  ーー 「さくら美守り隊」と共に歩んだ10年

神山 利

筆者皆さん、今年はどちらでお花見をされましたか?

私は、今年も東京の桜の名所千鳥ヶ淵でさくら美守り隊の活動をお手伝いしながら、お花見を楽しみました。

日本人が一番愛している花と言えば桜、日本人にとって桜は特別な意味合いを持っています。春が近づくと、今年の開花は何時かが話題になり、満開になると皆さんお花見を楽しみます。花と言えば「さくらの花」を指すのが一般的ですし、花を冠して桜に通わせる言葉も数多くあります。

DFでは、2007年に創立5周年の記念事業の一つとして、多くの会員からの寄付金を基に、千代田区の桜再生事業への協賛金50万円と桜の木3本(50万円)合計100万円を寄贈いたしました。

そして、2008年に「千代田区さくら再生事業」の「さくらサポーター」としてDFが登録され、それが縁で、「さくら美守り隊」の存在を知ることになりました。「さくら美守り隊」は2001年に千代田区在住の主婦の皆さんが立ち上げたボランティア団体です。その頃、桜の名所の「千鳥ヶ淵」では、歩きながらの喫煙や散乱するゴミの山が問題となっていました。

「さくら美守り隊」は、その状況を改善して千鳥ヶ淵を訪れる皆さんに気持ち良くお花見をして欲しいという思いから、お花見に来られた皆さんに「禁煙」と「ゴミ散乱防止」を訴えたいと千代田区役所に申し出ました。当初区役所では、そんなことはとても無理と思っていたそうです。しかし、「さくら美守り隊」の粘り強い活動が実って、千鳥ヶ淵での「歩きながらの喫煙」「たばこのポイ捨て」もなくなり、それがきっかけとなり千代田区は全国で始めて千代田区全体での「路上での喫煙禁止」を条例化したとのことです。今では当たり前となっている「路上での喫煙禁止」や「歩きたばこ、ポイ捨て禁止」は「さくら美守り隊」の活動がその始まりだったのですね。

(クリック⇒拡大)

2009年の春から、DF環境部会として「さくら美守り隊」のボランティア活動に参加し、毎年千鳥ヶ淵で「さくら再生募金」の呼びかけと「清掃活動」を行っています。

「さくら美守り隊」の活動によって、今では千鳥ヶ淵は大変綺麗でほとんどゴミが落ちていず、ゴミを見つけるのに一苦労な程です。

桜の名所の千鳥ヶ淵には毎年約100万人のお花見客が訪れ、400~500万円(今年は約440万円)の「さくら再生募金」が集まります。DFのお手伝いも一役買っているのかなと思っております。

DFとして「さくら美守り隊」でのボランティア活動を始めたころ、靖国神社「標本木」での開花宣言に丁度立ち会うことが出来ました。気象庁の担当者が、標本木に5〜6輪の花が咲いたことを確認し開花を宣言していました。何となく嬉しい気持ちになったことを覚えています。

千代田区では地元の小学生の協力を得ながら、毎年「さくらの花数調査」による「樹勢診断」を行っています。花芽についた花数を数えます。千鳥ヶ淵を始め千代田区の桜の花数は1つの花芽に「3〜4個」とのことで、生育状況はやや衰退気味です。因みに有名な弘前城の桜の花数は7個位とのことですから、それに比べると千代田区の桜の樹勢は劣っていると言わざるを得ません。

(クリック⇒拡大)
さくらスペシャルサポーターの
登録証

ソメイヨシノの桜の寿命は60〜70年と言われています。千鳥ヶ淵を始め皇居周辺の桜もその時期を迎え始めています。ただ、手を入れてやれば寿命も延びるということです。「さくら再生募金」もこれに役立っています。計画的に桜の木の植え替えもしています。5周年の際にDFが寄贈した3本の桜(緋寒桜)も、千代田区の桜再生に一役買っているのです。

私は、2010年に千代田区が企画をした「さくらスペシャルサポーター養成講座」を受講し、「さくらスペシャルサポーター」に登録されました。桜の学問的な知識や桜の歴史的な背景や桜の特性そして桜の育成管理の大切さなどの講座を受講し、改めて日本人にとって桜がとても身近であり親しまれ、皆に愛されていることを実感いたしました。

私の好きなさくらは、ソメイヨシノの片親である「オオシマザクラ」です。白の清楚な趣に心が洗われます。

(クリック⇒拡大)

これからも、千鳥ヶ淵での「さくら美守り隊」のボランティア活動を通じて、桜に接していきたいと思っています。エンドマーク

かみやまさとし ディレクトフォース会員(266)
元アサヒビール

一般社団法人 ディレクトフォース 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 7F

e-mail : info@directforce.org | Phone : 03-6865-7860 | (C) 2011 DIRECTFORCE

アクセスマップ

 

プラカードを手に千鳥が淵緑道を一周
時には求めに応じて道案内をしたり さくらについて説明を求められる
桜の名所「千鳥ヶ淵」ボートで桜を楽しむ花見客の人たち
「桜見守り隊」のテントの前で 募金を呼びかけるボランティアの皆さんと共に 活動に参加するDF環境部会の皆さん