サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

タイトルイメージ

2020/10/01(No.326)

北米で最も「●●●」なゴルフ場

 

織田 文雄

織田文雄

新型コロナウイルスの影響で、最近日本のゴルフスタイルも変わってきている。ゴルフ場に到着すると自分でゴルフバッグを所定の場所まで運ぶ。ランチは軽食で30分足らず。プレー後はシャワーだけ浴びて、19番ホールはなくその場で解散!何となく味気ないような気もするが、これがニューノーマルと納得して(納得させて)ゴルフ場に通っている。

ふと思った事がある。このスタイルは米国のゴルフスタイルに似ていないかと?

米国には1982年~1987年までニューヨーク。2011年~2014年までシカゴに駐在した。ニューヨークもシカゴも冬は寒くゴルフのできる環境ではない。4月中旬から10月中旬までがシーズンである。その間、仕事も兼ねて(ここが肝要)多くの北米のゴルフ場でプレーしたり、トーナメントを見たりした。今回は私が訪れたゴルフ場の中で独断で〈北米で最も「●●●」なゴルフ場〉ベスト10をご紹介したい。

北米で最も「●●●」なゴルフ場
(編集註:本文中のゴルフ場のおおよその場所)

◇ ◇ ◇

  1. 最も綺麗で印象的なゴルフ場 ‥‥ Augusta National Golf Club(ジョージア州)
    ご存じマスターズトーナメント開催コース。アトランタから車で約2時間。どのゴルフ場よりもあらゆる面で優れている。1983年と2014年の2回トーナメントを見学。1983年の日本人出場選手は青木功、羽川豊、中島常幸。2014年は松山秀樹。
  2. 最も標高の高いところにあるゴルフ場 ‥‥ Banff Spring Golf Club(カナダアルバータ州)
    カナディアンロッキーにある標高1384mに位置するゴルフ場。カナディアンロッキーを旅行中、道に迷ってたどり着いたゴルフ場。折角だからと思い、翌日ハーフプレー。
    カナディアンロッキーを背にした雄大なコース。(写真下)
    カナディアンロッキー
  3. 最も格式を感じたゴルフ場 ‥‥ Butler National Golf Club(イリノイ州)
    シカゴの自宅から1時間にあるメンバー数200名のゴルフ場。女人禁制。ゴルフゲートの中はプレーヤーは勿論、従業員も女性ご法度。コースは素晴らしい。嘗てはトーナメントを開催していたが、メンバーの意向でゴルフ協会の開催要請あるも頑なに拒否。
  4. 最も近くでタイガーウッズに接したゴルフ場 ‥‥ Conway Farms Golf Club(イリノイ州)
    シカゴの自宅から約1時間のところにある名門コース。PGAトーナメント開催で訪れる。
    有名選手勢揃いの中でもタイガーウッズは皆の注目の的。運よく練習グリーンでタイガーウッズを撮影できた(動画右=後姿なのが残念)。ギャラリーの中にはNYヤンキースの松井秀樹も。
  5. 最も風の強かったゴルフ場 ‥‥ Harbour Townn Golf Links(サウスカロライナ州)
    ヒルトンヘッドにあるリゾートコース。海辺にあり常に強風が吹いている事が多い(動画下=強風でたなびいている旗に注目)。18番ホールに見える灯台が有名。例年マスターズトーナメントの翌週にトーナメントを開催。

    海辺近くの HarbourTown Golf Links 
    強風下でたなびく旗のもとで妻と仲良くツーショット
  6. 最もメンバーシップを感じたゴルフ場 ‥‥ Laurel Valley Golf Club (ペンシルベニア州)
    ピッツバーグから車で2時間30分にある本格的なコース。行くときは大体ゴルフ場内で夕食・宿泊。デイナーはジャッケト・タイ必須。アーノルドパーマーのホームコースの1つ。
    ある時、デイナーが満席で近くのレストランで食事をしていたところ、アーノルドパーマーが隣席。パーマーがこちらの席にきて「Welcome to Laurel Valley」と握手。感激!
  7. 最もクラブハウスの大きいゴルフ場 ‥‥ Olympia Field Country Club(イリノイ州)
    今年8月、松山秀樹が3位に入ったBMW選手権開催コース。シカゴの自宅から約1時間。正直、コースの印象はあまりないが記憶に残っているのは大きなクラブハウス(写真下)。
    メンバー用ロッカー・メンバー用ルーム・男性専用ルーム等。迷子になりそう。
  8. 最も駅から近いゴルフ場 ‥‥ Scarsdale Golf Club(ニューヨーク州)
    ニューヨーク郊外の自宅から車で30分。最寄りのハーツデールの駅からは徒歩10分以内。
    多くの日本駐在員がメンバー。マンハッタンからのハーツデールへの電車の中にはニューヨーク支店長夫人がゴルフ場へ向かう姿も。
  9. 最も難しいと感じたゴルフ場 ‥‥ Sherwood Country Club(カリフォルニア州)
    ロスアンゼルス空港から約2時間北に位置するコース。距離は長く・フェアウエー狭く・ショートホールは200ヤード近い池越え・グリーン周りのラフは伸び放題。お手上げ!同伴のシングルプレーヤーのスコアがハーフ60以上。
  10. 最もプレー費が高かったゴルフ場 ‥‥ TRUMP National Doral Miami(マイアミ州)
    トランプ大統領が経営するマイアミのゴルフ場。コースが複数あって1番高いのは Blue Monster コース。高すぎて別のコースでプレーする事の方が多い。全てにゴージャス。夏はシーズンオフで価格は下がる。エンドマーク

おだ ふみお(1196)DF理事 歌舞伎同好会
元・日新製鋼

一般社団法人 ディレクトフォース 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 6F

e-mail : info@directforce.org | Phone : 03-6865-7860 | (C) 2011 DIRECTFORCE

アクセスマップ